フィラリア症について|垂らすだけで簡単投与!猫用のレボリューションでフィラリア予防

垂らすだけで簡単投与!猫用のレボリューションでフィラリア予防

フィラリア症について

シートや袋に入った薬

夏場、人間の大敵でもある蚊。
蚊を寄せ付けないために煙を炊いたり、スプレーを撒き散らしたり、というように何かしらの対策を施しますよね?
しかし、それで蚊が一匹もいなくなったことは残念ながらないでしょう。
注意していたつもりなのに気付いたら蚊に刺されている!痒い!というのはもはや一種の夏の恒例行事のようになっています。
人の場合は痒いな、傷跡残ったら嫌だな、くらいの心配しかしないでしょう。
しかし、蚊が猫に及ぼす被害というのは、死を招く可能性もあるほど危険なものなのです。
その蚊によってもたらされる病気、というのがフィラリア症なのです。
感染経路は基本的には蚊を媒介して犬から犬へ、というものなのですが、猫もかかってしまう場合があるのです。
犬の体内にいるミクロフィラリアという寄生虫を血液と同時に吸い上げることで、蚊がミクロフィラリアを所持している状態になります。
そしてその蚊が猫の血を吸うために針を刺します。
その時に猫の血液中にミクロフィラリアを移動させてしまうのです。
それだけなのです。こんなにも簡単に、猫にフィラリア症が伝染されてしまうのです。
フィラリアは最終的に心臓や肺動脈に寄生し、呼吸困難や嘔吐などを引き起こすのです。
厄介なのが、初期症状の時点でかなり進行してしまっているということなのです。
ちょっとだるそうになる、というような症状も見られますが、夏の暑さでだれているのかな?程度にしか思わない人がほとんどでしょう。
なので気付いた時にはもう心臓や肺動脈に到達してしまってるので、そこからは時間との問題になってきます。
犬の病気、というイメージが強いフィラリア症ですが、猫にもかかってしまうということをしっかり頭に入れて夏は特に注意しましょう。

↑ PAGE TOP